レイ後遺障害等級認定サポートセンターの特徴


①適切な後遺障害等級の認定が不可欠

 

法律上、交通事故に遭ってしまった場合、交通事故の相手方に対して、損害賠償を請求することができます。損害賠償の中身には、治療に関する損害、休業に関する損害、入通院慰謝料、後遺症の逸失利益、後遺症慰謝料などがあります。

後遺障害が残り損害賠償を請求する場合
、その損害の大部分は、後遺症に関する損害額が占めます。
 
そして、後遺症に関する賠償額は「後遺障害等級」に左右されます。

たとえば、後遺障害等級14級の場合は保険金総額が75万円となります。しかし、後遺障害等級13級の場合には保険金総額が139万円となります。14級と13級と「1」級違うだけで、金額も大きく異なります。

そのため、適切な「後遺障害等級」の認定が不可欠となります。

②等級認定手続きの経験実績のあるスタッフのいる数少ない法律事務所

 

当事務所では、自賠責保険への「被害者請求」による交通事故の後遺障害の等級認定サポートの実績を積んだ弁護士・事務員がいる数少ない法律事務所です。


当センターでは、後遺症でお悩みの方々や、後遺障害の「等級認定手続」でお困りの方々に対して、等級認定までの道筋や等級認定の手続きをサポートし、適切な等級が認定されるように、お手伝いいたします。

 

③弁護士費用特約がなくても、後遺障害認定手続のみの依頼がOK!

 

当事務所にお越しになる方のなかには、ご加入の保険に弁護士費用特約がついておらず、費用などをふまえ、示談交渉のご依頼はせず、後遺障害等級認定のお手続きのみ依頼される方もいらっしゃいます。

費用等の問題で、示談交渉までご依頼される予定のない場合、当センターでは、後遺障害等級認定のお手続きだけの代行をお願いしたいという方のご依頼を受けております。

お気軽にご相談ください。