後遺障害に対する後遺症慰謝料の支払基準

後遺症慰謝料の支払基準は3種類

 

後遺障害に対する、後遺症慰謝料の支払基準は3種類あります。その3つは、それぞれ「自賠責保険基準」・「任意保険基準」・「裁判基準」といい、それぞれの支払基準によって、損害賠償金額(慰謝料のみ)が異なります。

 

「自賠責保険基準」とは、必要最低限の補償のための基準であり、限度額があらかじめ決まっています。具体的には、自賠法施行令(別表2)で以下の表のように定められています。


自賠責基準による後遺障害慰謝料賠償金額

後遺障害等級  

後遺障害慰謝料

1

1100万円
3000万円

2

958万円(2590万円

3

829万円(2219万円

4

712万円(1889万円

5

599万円(1574万円

6

498万円(1296万円

7

409万円(1051万円

8

324万円(819万円

9

245万円(616万円

10

187万円(461万円

11

135万円(331万円

12

93万円(224万円

13

57万円(139万円

14

32万円(75万円

※要介護を1級については1600万円、同2級については1163万円。

※()内は保険金総額

 レイ後遺障害サポート等級認定サポートセンターでは、等級認定の代行手続きをし、上記()内の保険金総額の獲得を目指します。

 

 「任意保険基準」は、各保険会社が独自に設定する支払基準で、一般的には、自賠責保険

と同程度以上で設定されていますが、「裁判基準」(以下の表は「赤い本」基準)に比べ、かなり低い基準設定となっています。「裁判基準」では以下の表のとおりです。

 

裁判基準による後遺障害慰謝料賠償金額

後遺障害等級

後遺障害慰謝料

1

2800万円

2

2370万円

3

1990万円

4

1670万円

5

1400万円

6

1180万円

7

1000万円

8

830万円

9

690万円

10

550万円

11

420万円

12

290万円

13

180万円

14

110万円


※ 後遺障害慰謝料については、事故の状況等に応じて増減します。上記金額は、あくまで一応の目安としてお考えください。